『KBC-L27D』でもiPad2充電できますよ(eneloop mobile booster)。ま、『KBC-L54D』の方が早いけどね…。じつは旧製品『KBC-L2BS』が安くてお得。

 
左から『KBC-L27D』、『KBC-L54D』、旧製品『KBC-L2BS』

『KBC-L27D』は容量2700mAh、重さ78gの小型タイプ
『KBC-L54D』(5400mAh,142g)、旧製品『KBC-L2BS』(5000mAh,130g)

↓↓↓は、iPad2,iPhone4S用にどれ買えばいいのか等。



eneloop mobile booster「USB出力付充電器・リチウムイオンバッテリー」 eneloop 商品ラインナップ eneloop(エネループ) 三洋電機
eneloop booster series充電対応表

■iPad2,iPad

KBC-L54D ○
KBC-L27D ×
KBC-L2BS ○

対応表見るとなぜか『KBC-L27D』はiPad2(iPad)には対応していません。

『KBC-L27D』は5V/1A出力。
『KBC-L54D』は5V/1.5A出力、旧製品『KBC-L2BS』は5V/1A出力で、

旧製品『KBC-L2BS』(5V/1A出力)でも「対応」になってたのに、おかしくね?


──という事で、
試しに『KBC-L27D』でiPad2充電してみたら普通に充電出来ました!

(もう5回は試してるので、問題ないはず)




iPad2のアダプター見れば分かりますが、

iPad2(iPad)は本来充電に必要なのが5.1V/2.1Aなので、
電源コンセントでACアダプター使った時の約2倍の時間はかかりますが、
5V/1A出力の『KBC-L27D』『KBC-L2BS』でもギリギリ充電、大丈夫なようです。


ま、iPad2のバッテリー容量は馬鹿でかいので、『KBC-L27D』フルに使っても20数%程度しか充電できませんがねw

(※iPad2はiPhoneと違って、20%でも結構持ちます)


目安ですが、
『KBC-L27D』だとiPhone4をフル充電1回分
『KBC-L54D』『KBC-L2BS』だと、iPhone4を2回分充電可能。

iPad2はiPhone4の4~5倍程度バッテリー容量あります。




■モバイルブースター、どれを買えばいいのか
 
左から『KBC-L27D』、『KBC-L54D』、旧製品『KBC-L2BS』


『KBC-L27D』と『KBC-L54D』は60gくらい重さが違いますが、
この微妙な重さの違いが、毎日持ち歩き用には結構効いてきます。

なので、個人的には『KBC-L27D』をおすすめします。ポケットにも入るしね!

(※約2ヶ月『KBC-L27D』と旧製品『KBC-L2BS』を併用した実感から)


■関連記事→ 『KBC-L27D』(エネループ モバイルブースター)を買ったのでiPhone4に使ってみた。小さくて軽くて便利。いざという時に安心(PSP,3DS等にも充電可能)


「なんでもカバン入れちゃう派」で、「60g問題ねー」という人で、
「出先でiPhoneをバリバリ長時間使うんスよー!」
という人なら『KBC-L54D』がいいかな。

(でも出先でiPhoneを2回分も充電する状況ってあるか?w)



コストパフォーマンスだけを考えると、
じつは旧製品『KBC-L2BS』が安くて使いでもあって、お得ですw
※10/28現在、amazonで2,626円になってます。

使い勝手も『KBC-L54D』とそんなには変わらないかと。




ちなみにiPhone4のアダプターは5V/1A。

『KBC-L54D』、旧製品『KBC-L2BS』はUSB 2端子使って2口出力できますが、
2口出力時は両製品とも各端子5V/0.5A出力になるので、

2口同時出力時はiPad2には充電できませんし(そういう表示がiPad2に出る)、
iPhone充電にも本来の倍の時間かかります。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿

(スパム対策。「http://」はエラー出ます。先頭の「h」削って下さい)
(「http://」はエラー出ます。URL書く時は「h」抜いて下さい)


管理者にだけ表示を許可する