本日11/16発売『ライオン・キング』『美女と野獣』3Dセット、ブルーレイ。あの90年代最高峰ディズニー映画が高画質・3D化。自宅の3Dテレビでぜひどうぞ!

ついに本日発売となった『ライオン・キング』『美女と野獣』3D版ですが、自分はライオンキングの方を予約してます。非常に楽しみにしてますですよ!

2011/11/16発売
amazon [Disney ブランケット付] ライオン・キング 3Dセット (期間限定) [Blu-ray]
amazon [Disney ブランケット付] 美女と野獣 3Dセット (期間限定) [Blu-ray]


本当に快適で楽しめる3D映像のために -ディズニー作品の3D監督ニューマン氏が語るノウハウ

ところで、劇場用映画として制作されている3D映像を、そのまま家庭用テレビで観ると、視差が小さくなりすぎて、ニューマン氏が言うところの3Dストーリーテリングの効果演出も小さくなる。

「劇場で60%ぐらいの厚みが出るよう、丸みを出した3D設定で作っていても家庭用テレビだと30%ぐらいの丸みしか感じないでしょう。(視野角が狭くなるため。大スクリーンの家庭用プロジェクタで観る場合は劇場と同等になる)被写体となるキャラクタが平面に近く見えてしまうだけでなく、前後の動きの演出も浅くなります。丸み付けはやり直せないのですが、家庭向けのBlu-ray 3Dでは前後の動きが大きくなるよう調整しています(ニューマン氏)」とのことだ。

先月、映画館で上映された『ライオン・キング/ディズニー デジタル 3D』
結構好評だったようで、これはBD版も期待できそうですな。





3D興味ねぇよ! という方は、
『ライオンキング BD版』『トリロジー』が先月発売、
『美女と野獣 BD版』は去年発売されていますので、そちらをどうぞ。

いずれも名作ですので、買っちゃっても損は無いと思います。
(但し、ミュージカル・アレルギーの人は除くw)


『ライオン・キング ブルーレイ・トリロジーセット』は
『ライオン・キング』『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』『ライオン・キング3 -ハクナ・マタタ-』のブルーレイ3本セットですが、2,3はサイドストーリーなので『ライオンキング』のかなりのファンならどうぞ、といったところでしょうか。
(2,3は劇場公開作品ではありません)

1の3D版とトリロジー(2,3)BD版、見たいという人はどうすんでしょうね?
両方買えって事なのか…。


2011/10/08
amazon ライオン・キング ブルーレイ・トリロジーセット (期間限定) [Blu-ray]
amazon ライオン・キング ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]

2010/10/09
amazon 美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]





『美女と野獣/ディズニー デジタル 3D』は去年映画館で上映されていますが、こちらの3D効果については「いまいち」という感じだったので、BD版でどうなったか様子見していますw

ただ、既に発売されてるアメリカamazon見ると評価高いので、どうなんでしょうね? 3D効果どうでもいいような感じなら、ただのBD版でも買おうかな…。


『ライオンキング』はamazon割引後価格だと、BD版も3D&BD版もあんまし値段変わらないんで(約500円違い)、これはもう素直に3D&BD版買っちゃった方がいいでしょう。映画館で見た人によると、3D効果も結構いい感じらしいですよ!



ディズニーの名作『ライオン・キング』の3D版制作の裏側に迫る!

「今回、全く新しいアートの形式、メディアを作るという意気込みで取り組みました。オリジナル作品の為にアーティストが紙に描いた線には、手描きならではの魅力と迫力が備わっていますが、立体化すると他の方法では得られない実体感を作り出せます。この映画を100回観た人でも、3D版を全く初めて観る映画のように感じていただけるはずです」

しかし最初からCGアニメとして作られた今の映画と違って、昔の「2Dアニメを3D化」ってすげー労力かかりそうですな。一体どんな魔法だ…。



3D熱が冷え込み気味のアメリカで、業界を驚かせた「ライオン・キング」の成功

観客は、もうすぐブルーレイ、あるいはDVDで見ることができるとわかっていたのに、あえて劇場に足を運び、2Dよりも高い3Dのチケットを購入したということになる。

さらに、今、アメリカで、3D熱はむしろ冷え込み気味だという現実がある。3D映画のチケットの値段に不満をもつ観客は、3D版があっても、時にはあえて2Dを選ぶようになってきたのだ。

今まで実写もアニメも3D映画は映画館で何十本も見ていますが、意外に「3Dで見てよかった!」と思える映画って、かなり少ないんですよね…。

その点『ライオンキング』は、「こんな昔の2Dアニメが3D化って、一体どうなってんだろ!?」と、妙な期待感持てていいですなw


2011/07/20
amazon 塔の上のラプンツェル 3Dスーパー・セット [Blu-ray]

これは90年代ではなく、最新作ディズニー映画。
初めから3D化を考えて作られている最先端CGアニメ。

ラプンツェルは3D TV(&再生機)あるなら鉄板でオススメなので、こちらもどうぞ。


■関連記事→ 『塔の上のラプンツェル 3Dスーパー・セット [Blu-ray] 』感想・レビュー。最先端技術と伝統の融合、ディズニー第50作記念作品。3Dで見るとより面白・素晴らしい。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿

(スパム対策。「http://」はエラー出ます。先頭の「h」削って下さい)
(「http://」はエラー出ます。URL書く時は「h」抜いて下さい)


管理者にだけ表示を許可する