最新Kinectゲーム、レポまとめ『Marvel Avengers Battle for Earth』『Fable:the Journey』『Dragon Ball Z for Kinect』『Dance Central 3』

[E3 2012]Kinect専用格闘ゲーム「Marvel Avengers Battle for Earth」がプレイアブル展示。アメコミヒーロー同士による対戦モードがアツい

それぞれのキャラクターには複数の専用ジェスチャーが用意されており,マイティ・ソーであればモノを投げるジェスチャーをすることで神槌ムルニョルが飛んでいくし,ハルクならば両腕を地面に振り下ろすことで地面を裂く,スパイダーマンなら指を突き出すポーズでウェブを投げる,といったことが可能だ。


Marvel Avengers Battle for Earth

画面分割によるホットシートや,Xbox Liveを利用した対戦モードのほか,スタッフの話ではCo-opとしても遊べるとのことだ。手を大きく振れば,ピンチになったキャラクターに変わって新しいキャラクターが登場するような,タッグマッチ風の要素もある模様。

北米11月発売のようですが、日本でも発売をぜひ…





[E3 2012]左右の手から繰り出す魔法で敵を殲滅。シリーズ初のKinect専用タイトル「Fable:the Journey」のプレイレポート
Fable:the Journey

コントローラを使わず,腕や上半身の動きで操作するRPGとはどのようなものか,確認してほしい。

 Kinect専用タイトルの場合,試遊ブースにはディスプレイの前にプレイ用のスペースが確保されているのだが,Fable:the Journeyでは,そこにイスが置かれていた。つまり,本作はイスに座ってプレイするということだ。長時間のプレイになることが多いRPGならではの配慮かもしれない。

プレイアブルデモ部分だけだと、まだちょっとどんなゲームなのか分かりませんね。ただのアクションゲームのようにも思えるし、どうなんでしょ?



[E3 2012]まさか,かめはめ波を本当に撃てる日がやってくるとは……E3で公開された「Dragon Ball Z for Kinect」をトレイラーで紹介
Dragon Ball Z for Kinect

公開された情報によれば,本作には50名以上のプレイアブルキャラクターが収録されており,そのほかにまったく新しいキャラクターも登場するとのこと。またかめはめ波や元気玉,ファイナルフラッシュや魔貫光殺砲といった光線技のほか,基本のパンチやキック,ガードなどの格闘攻撃も使える。気を溜める行動などを含めれば,100種類以上の技が収録されているという。


Dragon Ball Z for Kinect

ゲームモードは,ストーリーモードとスコアアタックモードの2種類が用意されている。
 ストーリーモードは,原作のストーリーを追いかけながら,伝説的な戦いを追体験していくというもので,アニメさながらのカメラワークで,ドラマチックなバトルが楽しめるのが最大の魅力だ。

意外とこれは面白そうですよ! 日本でもぜひ発売を!



踊るだけじゃない、ダンスムーブも作れる『Dance Central 3』――マイクロソフトプレゼンリポートその3【E3 2012】
Dance Central 3

最新作『Dance Central 3』では、従来までのダンス体験に加えて、ついにダンスムーブを自分で作り出すことが可能になる。その驚愕のモードは“Make Your Move”。対戦型のモードで、最初にひとりがKinectセンサーの前に立って、自分が考えたダンスムーブを4回くりかえす。すると、それがフラッシュカード(ダンスムーブを示すアイコンのようなもの)になるので、それをもうひとりのプレイヤーがコピーするのである。

この対戦はかなり盛り上がりそうな予感w

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿

(スパム対策。「http://」はエラー出ます。先頭の「h」削って下さい)
(「http://」はエラー出ます。URL書く時は「h」抜いて下さい)


管理者にだけ表示を許可する