『Alloy X for iPhone 5』アルミバンパー買ったので感想。黒iPhone5に赤バンパーがよく映える。ストラップが付けられて便利。軽くてカッコイイ!

iPhone5用アルミバンパー、『Alloy X for iPhone 5』(赤)の感想。

PATCHWORKS Alloy X赤 for iPhone 5黒
黒iPhone5に赤バンパーはカッコイイ!(※アルミボタンは別売り)


amazon『PATCHWORKS Alloy X for iPhone 5 【航空機素材の超薄型アルミバンパーケース】(Black(ブラック))【日本正規流通品】』
↑リンク先で、5色から選べます。

ここから下は実際の写真や感想などを。





【航空機素材を1.2mmの薄さに加工したハイグレードバンパー】
Alloy X Bumperは、アルミニウムブロックを加工後、ひとつひとつが完全手作業で製作されたハイグレードバンパーです。
航空機素材のエアクラフトグレードアルミニウムを使用し、最高クラスの耐久性を持ちながら、薄さは一番厚い部分で1.2mm、重量わずか6グラムと軽量化を実現しています。

【航空機素材で安心の耐久性】
素材のエアクラフトグレードアルミニウムは航空機に使用されている素材で、柔軟性や衝撃吸収など、iPhoneケースでは最高の耐久性を持った素材です。
バンパー内側のコーナーにはポリウレタンフォームを施し、衝撃を万全に吸収します。
バンパー装着時にはネジを使用し、iPhoneに完璧に固定することが出来ます。

【自然素材を手作りで生かすPATCHWORKS製】
PATCHWORKSは、自然素材を手作りで生かし、iPhoneに自然そのままのデザインを伝えることを指針としているブランドメーカーです。
"最高のデザインは自然そのものである"をモットーに、確かな技術でオリジナリティー溢れる、他にはない製品を提供しています。

【バンパーを装着したままSIMカードが出し入れ可能】
SIMカードスロット部が開けられており、ケースを装着したままSIMカードを出し入れすることが出来ます。
出し入れする機会がある方には、ドライバーを持ち歩く必要がなく嬉しい仕様です。

【ストラップホール付き】
ストラップホールがありストラップの装着が可能になります。

【内容物一覧】
Alloyバンパー×1
ネジ止め用ドライバー×1
予備ネジ×2


ipaloy01.jpg
というわけで、メチャメチャ軽いこの製品。

ipaloy02.jpg
内容物はバンパー本体と、ドライバー、予備のネジ2本


ipaloy03.jpg
ネジは下の両端で使われています。

ipaloy04.jpg
上はこのように、全部繋がってます。


ipaloy05.jpg
ipaloy06.jpg
内側に衝撃吸収用のポリウレタンが貼ってあります。


ipaloy07.jpg
ネジ外してバラして…

ipaloy08.jpg
このようにiPhone5にくっ付けます。

この時、急いで作業してiPhone5の側面を傷付けないように注意。


ipaloy09.jpg
ipaloy10.jpg
ネジでバンパー部を固定して完了
(バンパー分離部をネジで固定してるだけで、iPhone5本体自体のネジをいじってどうこうとかは一切ありません)

緩みやガタツキも無く、ピッタリ収まっていい感じ。


ipaloy11.jpg
SIM穴。ま、あまり使いませんな。

ipaloy12.jpg
ボリュームスイッチとボリューム。

隙間から後ろがうっすら見えていて、若干浮いているようにも見えますが、
実際にiPhone5裏面から指で触ったりマジマジと問題の箇所を見つめてみても、浮いてる(隙間ができている)感じは一切ありません。

ipaloy27.jpg
ipaloy28.jpg
ipaloy31.jpg
ipaloy30.jpg
ipaloy29.jpg
ま、こんな感じですね。角度によってはコンマmmの隙間が(写真で見ると分かる)って感じでしょうか。


ipaloy13.jpg
電源ボタン。
素の時よりは、やや押しにくいけど、慣れの問題という範囲。

ipaloy14.jpg
ヘッドフォン穴とライトニング端子

イヤホンジャックはよほど大きいのでない限り、ま、大丈夫かと…。直径7.5mm程度。

ipaloy15.jpg

ipaloy16.jpg

すり鉢状に、バンパーの方が若干高くなっています。

ipaloy18.jpg
接合部

ipaloy17.jpg
ここは若干造りが甘いかなー、と思いました。

ま、個体差もあるでしょうし、なんとも言えない。


ipaloy25.jpg
アルミボタン何個か買ってあったので付けてみる。
ピンクだといまいち?

ipaloy26.jpg
というわけで、赤を。





ipaloy19.jpg
ipaloy20.jpg
段差的には液晶フィルムよりも、「強化ガラス液晶保護フィルム」の方がいいかもですね。



ipaloy21.jpg
ipaloy22.jpg
こんな感じになるかと。
アルミなので、光の当たる角度で若干色が変化しますが、基本的には深い赤です。




さて、最後に金属製バンパーの唯一にして最大の問題点、電波減衰ですが、これは確かに落ちますね。

ipaloy23.jpgipaloy24.jpg
左:バンパーつける前、右:バンパー付けた後

(3G,Wi-Fi両方とも1段階ずつ下がってますが、同じ場所でもこのページ一番上の写真のようにバンパー装着後も両方普通にフルになってる時もあるので、「極端に落ちた!」という程では無い…んですが、なんとも言えないw)

Q.金属製パンパー(ケース)でアンテナ感度悪くなるの?
A.iPhone5ではアンテナは、4/4Sの側面じゃなく、裏面カメラ横へ移動した金属バンパーによる影響は4/4Sより少ないと思われる
  裏面と側面を金属・アルミで覆うケースはより影響大になったといえる
  評価・議論する際は、受信感度バーを数値にすると良い
  (方法は http://nanapi.jp/6319/ )


金属ケース・バンパー総合 Part9
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/iPhone/1354932418/
金属ケース・バンパー総合 Part8
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/iPhone/1351374751/
iPhone 5 ケース・液晶フィルム part27
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/iPhone/1354728556/

色んな人のAlloy xの感想まとめると、「電波強い箇所ではあまり変わらないが、元々電波弱い箇所では影響あるかも」だとか。

あとはWi-Fiが結構影響受けるぽいですが、自分が試した限りではそれ程は速度も変わらないような…(2Fにアクセスポイント、1FでiPhone使用というケースで)


「何これ、使えねー!」って程、酷い影響は受けないとは思いますが、確かに感度落ちるって言えば落ちます。ま、なんとも言えないwので、アルミバンパー購入検討している方には、「外見取るか、中身取るか」で決めたらいいかとw


アルミバンパー自体が痛いとかそういうのは気にするな!!



■アルミバンパー『Alloy X for iPhone 5』の注意点
・電波感度、若干落ちる
・アルミバンパー装着時にiPhone5傷付けないようにゆっくり付けよう
・ストラップは多分、iPhone5に装着する前に通していないと無理(穴小さめで、装着後だと難易度高いw)


■『Alloy X for iPhone 5』付けてよかった所
・カコイイ(自己満足)
・軽い(6g)
・素の時より持ちやすくなった(ような気がする)
・ストラップ付けられる


amazon『PATCHWORKS Alloy X for iPhone 5 【航空機素材の超薄型アルミバンパーケース】(Black(ブラック))【日本正規流通品】』

値段分の満足度あるかと問われると、あります。自分はあります!
しょせん自己満足です!(←


■関連記事 →iPhone5液晶フィルム『パワーサポート アンチグレアフィルム for iPhone5 PJK-02』買ったので感想。映り込み,反射,指紋低減、アンチグレア最高!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿

(スパム対策。「http://」はエラー出ます。先頭の「h」削って下さい)
(「http://」はエラー出ます。URL書く時は「h」抜いて下さい)


管理者にだけ表示を許可する