amazon『G-cluster(ジークラスタ)基本セット』(クラウドゲーム機本体)予約開始。HDMIでテレビと繋ぐだけでゲームが遊べる(要・無線LAN環境)

amazon『G-cluster基本セット』(TVゲーム機)
amazon『G-cluster本体』(TVゲーム機)
2013年6月20日発売予定

amazon 『G-cluster(ジークラスタ)有線接続キット』
有線LAN接続したい人はこれ↑↑も

マーケットプレイス経由で「ブロードメディア株式会社」から買えるようです。

クラウドゲーム機「G-cluster」本体とコントローラーがセットになった基本セットです。Wi-Fiでインターネットにつなぐことで様々なゲームを遊ぶことができます。

ポータル画面から欲しいゲームを購入して遊んで頂くのが基本です
一度ご購入したゲームは月額料金等なしで原則1年間好きなだけ遊んで頂けます
また約30タイトルが遊び放題の「月額500円プラン」もご用意しています

単品購入: 525円~2,940円/本(税込)
月額500円プラン: 525円(税込)

発売記念として「月額500円プラン」を対象に最大2ヶ月無料キャンペーンを実施いたします


G-cluster(ジークラスタ)公式サイト
G-cluster(ジークラスタ)

「G-cluster」は、テレビにつなぎ、ご自宅のWi-Fiに接続するだけで、パッケージソフトの購入やダウンロードをすることなくクラウドゲームを楽しむことができる新時代クラウドゲーム機です。

月会費や年会費は特にかからず。

但しゲームを遊ぶためには、1本525円~2940円で1年間のソフト買いきり(1年経過後は不明。レンタルみたいなもん?)するか、
約30タイトルのゲームが遊び放題になる「月額500円プラン」が必要。


クラウドゲームを体験できるゲーム機「G-cluster」が6月20日に発売。価格は9980円から - 4Gamer.net

G-clusterは無線LAN機能を内蔵した小さなゲーム機で,HDMI経由でテレビに接続して,クラウドサービス上で提供されるゲームをプレイできる。


G-clusterによるゲームプレイの,おおまかな仕組みは以下のようになる。

1:プレイヤーがコントローラを操作
2:本体がプレイヤーの操作を,インターネット経由でサーバーに送信
3:サーバーが操作を受けてゲームを処理し,ゲーム画面をレンダリング
4:サーバーがゲーム画面をビデオエンコードして,インターネット経由で本体に送信
5:本体側が映像を受信してデコード,HDMI経由でテレビに表示

G-clusterの基本的な仕組み G-cluster
 ゲーム処理はすべてサーバー側で行われるため,通信やコントローラの処理を除けば,G-cluster本体が持っているのはユーザーの操作をサーバーに送る機能と,サーバーから送信された映像をデコードして表示する機能だけだ。

IEEE 802.11g/n対応無線LAN環境と、HDMI入力端子の付いているTVがあれば、レトロゲームからPS3/Xbox 360世代のゲームまで、これ一台で遊べるようになります。

(但し、実際には170ミリ秒程度の遅延があるため、苦手なジャンルあり。それと、回線状況の問題で画質は最新ゲーム機やPCよりは落ちるぽい)

とにかくここはクラウドゲームに関しては老舗の会社なので、技術はあると思って間違いないでしょう。今後の配信ゲームソフトのラインナップ次第では化けるかも。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿

(スパム対策。「http://」はエラー出ます。先頭の「h」削って下さい)
(「http://」はエラー出ます。URL書く時は「h」抜いて下さい)


管理者にだけ表示を許可する