『G-cluster(ジークラスタ)』(クラウドゲーム機)ブロガー先行体験会に行って来た! 2013年6月20日発売、新型ゲーム機、可能性はかなりアリ


2013年6月20日発売予定、
家庭用ゲーム機「G-cluster(ジークラスタ)」
のブロガー先行体験会に参加してきました!

gclstbdt01.jpg
サービス運営会社のブロードメディア株式会社様で実際に実機を使ってのクラウドゲーム体験をさせていただきました。

感想などを↓↓↓下からどうぞ





■「G-cluster(ジークラスタ)」とはなんぞや

G-cluster(ジークラスタ)公式サイト

「G-cluster(ジークラスタ)」はクラウドゲームという特殊な仕組みなので、まず最初に簡単に説明をしておきます。

今までの家庭用ゲーム機と何が違うかというと、
とりあえず「G-cluster(ジークラスタ)」は本体(+ネット環境+コントローラー)さえあれば、ゲームが出来る。


いちいちパッケージソフト(カートリッジやゲームディスク)のような物理メディアを買わずにOK

じゃあスマホやPC、XboxライブアーケードやPSNゲームのようなダウンロードゲームなのか? というと、それとも違う。


全てネットの向こう側のサーバー側でゲームを稼働・処理しています。

G-cluster(ジークラスタ)本体
「G-cluster(ジークラスタ)」本体(iPhone4Sとのサイズ比較)すんげー小さい


このちっこい「G-cluster(ジークラスタ)」本体内ではゲーム処理をせずに、

コントローラ等の操作系のデータをネットでサーバーに送って、向こう側で動いているゲームを操作し、再びこっちにはただ映像を受信させているだけという仕組み。

うん、上手く説明できなくて申し訳ない。


要は、すんげー遠く(何百km先)にあるゲーム機本体をすんげー長いコントローラーと映像ケーブルで(実際にはネットで)遠隔操作してるとでも思っていただければOK。

実際そんなんで操作できるの? という感想は本文、下の方に。




■各ゲームを遊ぶための費用

とりあえず入会金・年会費・月額費などは必要なし。0円。

但し、これだと各ゲーム、10分間だけ遊べる体験プレイしかできませんw


ちゃんと遊ぶには、1本525円~2940円で販売されるゲーム(の権利みたいなもの)を購入。これで購入後1年間は自由にいつでも遊べます。

ま、1年間ゲームソフト・レンタル料と思っていただければ…。


購入はじつにスムーズ。ポチったら即購入完了。わざわざゲーム屋さんに新作ソフト買いに行かずに、その場ですぐに新しいゲームが買って遊べる。

もちろんペアレンタルコントロールみたいなのもあり、毎回の購入時に4桁の暗証番号入れるようにも設定できるそうです。「子供が勝手に人のクレジットカードで沢山ゲーム買っちゃった!」みたいな心配も無し。


※とりあえずサービス開始時の6月20日時点では、クレジットカード必須ですが、そのうちコンビニ等で売ってるプリペイドカード系にも対応させる予定だそうです。


その他に、約30タイトルを遊べる月額500円プランというのもあります。
初回購入時に、月額料金が最大2カ月無料になるキャンペーンを実施予定。




ゲームラインナップはどんなものがあるのかと言うと、今のところ公式サイトでは↓↓これだけが公開されています。6月20日になれば全て載ると思う。

配信ゲーム一覧 | G-cluster

6月20日のサービス開始時には約50タイトルを配信したい、との事。

ゲーム追加は毎月という訳ではなく、毎週増やしていきたいとかなんとか。



約30タイトルが遊べる月額500円プランの詳細ですが、

これは内容が毎月入れ替わる、という事ではなく、
遊べるゲームを追加していくとの事。

なので、しばらくしたら開始時の30タイトルよりも本数増える模様。
但し、人気無いゲームはパックから外すという事もあるそうです。

基本的にはファミリー向けやライト向けゲームが入っていて、
Ubiのような、いわゆるパッケージで数千円するような最近の大作ゲームの類はこの中には入らない、との事。



個別に購入するタイトルについてですが、
Ubiソフト(いわゆる大作ソフト)クラスで千円台後半の価格になってたような気がしましたが、サービス開始時の正式な価格かは知りません。6月20日になったら分かるかと。

1年間遊べる事を考えたら(普通の人は同じゲーム一年やり続ければ飽きるでしょうし…)、パッケージソフトをフルプライスで新品購入して中古で売るのよりは色々と楽だし、そういうのもアリかな、とは思いました。積みゲーマニアの方は知りません。


PCエンジンだけは1本ずつの購入ではなく、5本まとめて525円とかそんな感じだそうです。


gclstbdt03.jpg
家電量販店等には、こんな感じで置かれるんですかね?

今のとこ全然宣伝していない(ように感じる)「G-cluster(ジークラスタ)」ですが、発売日の6月20日以降から宣伝流すそうです。

なんだかこういうところも従来のゲーム機とは違ってクラウドサービスならでは、初動ダッシュというよりスロースターター、長い目で見てサービスを育てるって感じなのでしょうか?(諸事情や何か戦略があるのかは知りません)


基本的に新型を買わないと次世代ゲーム機にならない従来ハードと違って、
「G-cluster(ジークラスタ)」は全てサーバー側での処理の為、

本体はそのままで(ファームアップはアリ)、システムやバージョンアップ、超最新ゲームへの対応等はサービス開始数年後でもどうとでもなるという強みがあります。

さらに作ろうと思えば、従来ハードでは不可能な超PC性能が必要なゲームも稼働させる事が理論的には可能…。まさに可能性は無限大


遊べるゲームのラインナップさえ揃ってきたら、結構、要注目のハードになるのでは。


その他に、違法コピーされないという点も、ゲームソフト会社には喜ばれるかと。
一応、世界展開、特にアジア方面も視野に入れてるっぽいです。




gclstbdt02.jpg
ゲームコントローラがセットになってる「『G-cluster』基本セット」付属のコントローラーは結構いい値段するやつっぽい。なので、基本セットはお得なのかな?

基本的にロジクールのワイヤレスコントローラーを推奨、との事。

どうやら初期設定時にロジクールのコントローラーのみ反応するっぽくて、(スマホ持ってたらそちらでも設定できるので問題なし…と思う)どうのこうの。そこさえ抜ければ他のでもOKぽいですがあまり無線コントローラー関係、詳しくなくてすみません。



gclstbdt05.jpg
AndroidスマホやiPhoneもゲームコントローラーとして使えるそうです。
発売日の6月20日以降に無料アプリで配信するみたい。

簡単なゲームなら、無線コントローラーわざわざ買わずにスマホ操作で多人数プレイできますな。




amazon G-cluster(ジークラスタ)有線接続キット

G-cluster有線接続キットに含まれるのは
【1】3ポートUSBハブ(エレコム製)
【2】USB接続LANアダプター(アイ・オーデータ製)
【3】電源用2mケーブル(エレコム製) の3つとなります。

「うちには無線LAN環境無いよ!」という人は、こちらの「有線接続キット」を一緒に購入すれば、有線LAN接続も可能だそうです。

一応相性問題があるため、こういう製品も出しているそうですが、G-cluster本体に接続するためのそこらの「USBハブ」とどこぞの「USB接続LANアダプター」持っていれば、代用できる可能性は大。




で、ここからがようやく実際にG-clusterゲームを体験した感想に入るわけですが、

正式サービスはまだ開始されていないので、
ネットも含めて、仮のシステム(しかもまだ色々と最終調整しているみたい)、
あくまでも参考程度のプレイ体験となりました。

gclstbdt09.jpg
まずは多分、皆さんが心配されると思われる遅延についてですが、

コナミのアクションゲーム「Rocket Knight」、
PCエンジンの某アクションゲーム
PCエンジンの「モトローダー」をオンライン対戦、
それと謎の大作ゲームを数本やりましたが、

遅延、あるような無いような…。

いや、多分ほんの少しはあるんでしょうけども、一応アクションゲームもそれほど違和感無く普通にプレイできていたので、大丈夫だと思いますです、はい…とちょっと弱気に答えておきます。


正直、付属のコントローラー自体もあんまし好きじゃなくて(ロジクールさん、失礼…)、
さらに元のゲーム自体の挙動もあまり覚えていなくて、
「これ、遅延のせいなのかな? それとも元々こういうゲームなのかな?」みたいな挙動は少しありました。

でも対戦はあり得ないほど非常に盛り上がっていたしw、元々そういうゲーム挙動なのかも分からんし、正直分かりません。すまん。


「Rocket Knight」や最近のアクションゲームのアレとかは特に問題なかったような。最近のスポーツゲームのアレは少しヌルっとした感触のような、でもゲーム自体の挙動なのかよく分からなかった。(何も参考にならなくて申し訳ない…)

ゲームによって多少相性はあるんじゃないかな、とは思います。

アクションゲーム出来ないほどの遅延は無いです。
ここらへんは、実際にサービス開始されてシビアなゲームを長時間やらないと、判断付かないかも。


本当に体感できるほどの遅延かどうか、もう少し色々と試したかったのですが、プレイ時間の問題で結論出すまではいかなかったのもあり、自分だけではなく他のブロガーさんたちの感想(そのうち出てくると思います)も参考にしていただけたら、と思います。

あくまでもテストプレイ環境で正式サービス時とは違うという点もあるので、6月20日発売日以降に出てくるはずの沢山のプレーヤーさんたちの感想の方も、購入判断の目安にするといいかと。おそらく「遅延は問題ない」という意見が多くなるかと。



映像は720pという事で、自分的にはこのくらい綺麗なら、まあ許容範囲。
おそらく購入層的に、コアゲーマーではなく、普段あまりゲームやらない層の人たちだと思うので、十分綺麗に感じるはずです。

自分は「ああ、いつものレゴですね…」「ああ、いつものアサシンクリ…」といった感じですが、初見の人は、「すげー綺麗!」と驚く程度には綺麗だと思います。




■フレンド登録・オンライン対戦(協力)もできる

ゲームが対応していれば、ですが、オンライン対戦とかもできます。

例えばPCエンジンの「モトローダー」や「ダンジョンエクスプローラー」等は5人(だっけ?)で出来るっぽい。

どういう仕組みかと言うと、ゲーム開始する前の画面で「オンライン対戦」みたいなのを選ぶと「フレンドに招待」みたいなのを自動的に送って、それが向こう側の人のとこに届いて受諾すると一緒に遊べるようになる、という言葉で説明すると面倒だしよく分からんので、とりあえず出来てた、とだけ言っとくw

マッチングはフレンド以外にも、いわゆる野良の人とも出来るっぽい。どこで設定するのかよく分からなかったので、出来ると聞いた、とだけ言っとくw


なおMMORPGは今のところサービス開始予定は無い模様。G-clusterと相性良さそうなので、ぜひ頼みます。


gclstbdt06.jpg
メニュー画面やゲーム起動・終了、メニュー画面復帰、切り替え等はスムーズでした。反応が良い。


gclstbdt07.jpg
この四家麻雀「和」は、テレビ画面には麻雀卓が、各スマホの画面には自分の牌だけを表示させてのパーティープレイも可能になるそうです。
(※パーティープレイ対応は2013年夏予定、との事)




■気になった点

日本語が無い、英語だけのゲームが結構あるような…。

特に「Lego Harry Potter Years 1-4」なんて完全にファミリー&ライト向けなのに、どうして日本語化が間に合わなかったのかな? みたいな思いはあります。あのハリーポッターとレゴですよ!?
gclstbdt08.jpg

ま、このG-clusterは現時点ではクレジットカード必須ですし、「お父さんがお子さんに与える」あるいは「お父さんがお子さんと一緒に遊ぶ」みたいな感じになると思うので、実際は特に問題ないんでしょうけども…。


例えば子供が1人で「G-cluster遊ぼっ!」となった時にメニュー画面で「start」とか「Push Any Key」みたいな表示があった時点で、自分ならパニくってもうやらなくなると思います。(実際にはレゴシリーズは英語分からなくても普通に遊べますw)

現在メーカーに要望は出しているそうなので、近いうちに日本語化はされるとは思いますが…。




■総評

フランスの方では「ウイニングイレブン2013」もとい「Pro Evolution Soccer 2013」が配信されているそうなので、こういう人気タイトルが日本でも沢山配信されるようになれば、

結構このG-clusterというサービス、可能性はあるなとは思いました。


正直、自分達みたいなコアゲーマー(自分はライト寄りですが…)が現時点でのラインナップを見てもあまり惹かれる要素は無いんですが、

世の中には「ゲーム機買ってまで遊ぶ層」よりは、「ゲーム機を買わない層」の人たちの方が圧倒的に多いはずなので、そこの市場を掴めれば、新しい需要が生まれるかもしれません。


え、そういう人たちはスマホか3DSでゲームやってる? うーん、どうなんでしょうね。フランスでは同サービスが大手ケーブル会社のセットトップボックス (STB)に入っていて、数万人が利用してるらしいので(日本でもぷららの「ひかりTVゲーム」に技術提供しています)、入口はともかく、「G-cluster(ジークラスタ)」というサービス自体はある時点でブレイクする可能性はあります。

実現するかはともかく、実際にテレビ自体に最初から「G-cluster(ジークラスタ)」機能を入れたい、みたいな話もあるようです。


「ひかりTVゲーム」の補足)
ちなみに今月上旬開始という事で一足先にサービス開始されているはずの「ひかりTVゲーム」の方ですが、先週ぷららに電話で問い合わせたところ「新型STBが必要なので今申し込んで約2ヵ月後に届く。実際に今の段階でプレイできている人はいないはず…」との謎の答えをいただきました。それとサービス内容(タイトルラインナップや各種サービス)は本家「G-cluster(ジークラスタ)」とは別になるっぽい。



一応、この「G-cluster(ジークラスタ)」を持っていれば、
T's TVという、ビデオ・オンデマンドサービスも利用できるので、旧作映画100円で見れるし、とりあえずG-cluster本体買って、やりたいソフトが充実するまでは映画でも見ながら待っててもいいかもしれませんw

作品の評価付けたりするとポイント貰えて、お得っぽいですよ。

ぜひ「G-cluster(ジークラスタ)」ゲームの方にもポイント制度を導入して欲しいですねw 一応、各ゲーム「☆5段階評価」は付けられるようにはなってはいました。




amazon『G-cluster基本セット』(TVゲーム機)
amazon『G-cluster本体』(TVゲーム機)
2013年6月20日発売予定


この記事はクラウドゲーム機「G-cluster(ジークラスタ)」ブロガー体験会に参加して掲載されています。本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、製品を実際に試すために後日製品の提供が予定されています。なお、事実誤認の修正ならびにこの文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与はありません。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿

(スパム対策。「http://」はエラー出ます。先頭の「h」削って下さい)
(「http://」はエラー出ます。URL書く時は「h」抜いて下さい)


管理者にだけ表示を許可する